FXから垣間見る金融の話

FXのイロハ

基礎知識

FXの証拠金とは?安全なトレードのために絶対に理解しておきたいこと!

更新日:

FXは証券会社やFX業者に資金を担保に入れることでレバレッジを掛けた取引(ポジションを持つ)を可能にしています。

担保にした資金のことを証拠金と言います。

『少ない資金にレバレッジを掛けて大きな金額を動かす』ことができるのも証拠金があるからです。

FX業者はレバレッジや為替レートなど幾つかの要素を自動的に計算してくれるので、証拠金について知識のない初心者でも簡単にトレードできています。

しかし、

  • 実際にどのような計算でポジションを持っているのか
  • トレードに必要な証拠金はいくらか

を理解している人は意外に少なかったりします。

特に『必要証拠金』については安全なトレードを行ううえで大切なキーワードなので是非理解しておきましょう。

言葉は難しいですが一度覚えれば簡単です。

必要証拠金=トレードに必要な最小限の資金

冒頭でも述べた通りFXは『少ないお金にレバレッジを掛けて大きなお金をトレードできる』ことが可能です。

『少ないお金』とはかなり曖昧な表現ですが、ポジションを持つために具体的にいくら必要なのかを表すのが必要証拠金です。

例えば、$1=100円の時に10,000通貨をレバレッジ25倍で買いたいとき、必要証拠金はいくらあれば良いでしょうか?

答えは

必要証拠金=100円(為替レート)×10,000通貨÷25倍(レバレッジ)=40,000円

となります。

つまり、40,000円(少ないお金)にレバレッジ(25倍)を掛けて、100円×10,000通貨=100万円(大きなお金)をトレードをしていることになります。

原資はたった40,000円なのに100万円を動かせるって凄いですよね。

証拠金(取引口座残高)には余裕をもっておくこと

必要証拠金はあくまで『トレードのために最低限必要なお金』です。

なので、レバレッジ25倍で100万円のトレードをしようと取引口座(証拠金)に40,000円しか入金しなければ、損失側に為替が動いた瞬間に強制ロスカットになってしまいます。

自分が持とうとするポジションには幾らの証拠金(必要証拠金)が必要なのかを予め考えて余裕あるトレードを心掛けるようにしましょう。

-基礎知識
-

Copyright© FXのイロハ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.